田七人参とは | 田七人参の効能があるサプリ徹底研究1番人気は白井田七

田七人参の効能があるサプリ徹底研究1番人気は白井田七

田七人参とは

薬用人参の王様
 田七人参は「薬用人参の王様」と呼ばれる貴重品です。また植えてから収穫されるまでに3~7年も掛かることから、別名三七人参と呼びます。田七人参は高麗人参と同じウコギ科トチバニンジン属の多年草です。高麗人参のような白く細い根ではなく、がっちりした根を持ちます。中国雲南省で有機栽培しているのものが良質と言われています。
金に換えられないほどの価値
 古くから中国では金に換えられないほど価値が高いということから「金不換」とも呼ばれ、一部の特権階級の者しか口にすることができない稀少品で、昔は輸出が禁止されていたほどです。
血流の働きを良くするサポニン
 田七人参には、サポニン配糖体に分類され、それぞれが異なる働きをする多種類のジンセノサイドなど多くの成分が含まれています。 とくにアミノ酸の一種で「デンシチン」は特別な成分で、出血、鎮痛の作用があります。外傷だけでなく胃潰瘍などの内臓出血にも効果があります。 主成分であるサポニン配糖体は高麗人参に含まれるサポニンと同じで、血中コレステロール値を低下させ、血流をよくする働きがある。血流の改善によって心臓病、高血圧などの予防にも効果がある。さらに、免疫力を高める効果もある。  田七人参のサポニン量は高麗人参の約7倍といわれており、サポニンの王様と呼ばれています。

田七人参は、高麗ニンジンの親戚?

漢方で「人参」といえば、普通は高麗人参(朝鮮人参)を意味しますが、田七人参も植物学的には 高麗人参と同じウコギ科に属しますので親戚ということになります。しかし、根の形状や効能は、ずいぶん違います。

中国には、昔から物を「陰陽」でとらえる考え方がありますが、高麗人参があきらかに「陽」であるのに対し、田七人参は「陰」となります。 陰でありながら陽の性質を併せ持ちます。中でも「陰」のその鎮める働きに特徴があります。 例えば、肝臓が炎症を起こしているような時、消化する作用があります。身体の何処かでガン細胞が増殖している時、それを抑制する作用があります。血管が詰まりそうな時、それを防ぐ作用があるということなのです。

田七人参の生産地

田七人参を生産出来るごく限られた地域
田七人参の産地は中国の雲南省の東南部から広西省の西南部のごく限られた地域にしか分布しておらず、大変希少価値の高いものです。 雲南省のなかでも最も優良な産地は、ベトナムと接する土壌がアルカリで湿度の高い、標高1,000メートル以上の亜熱帯高山地帯です。雲南省以外でも採れないことはありませんが、その質は格段に落ちると言います。
田七人参サプリメント ランキング
痛風に効果的なサプリメント 口コミランキング痛風に効果的なサプリメント 口コミランキング痛風に効果的なサプリメント 口コミランキング痛風に効果的なサプリメント 口コミランキング痛風に効果的なサプリメント 口コミランキング
田七人参サプリメント 商品成分一覧